POPで、おバカな、眉ツバ系(オカルト・UFO・都市伝説・オーパーツ・UMA etc)Tシャツ店『Area501(エリア501)』

江戸時代のUFO事件!?「うつろ船」

 「うつろ船」とは、江戸時代の有名な髄質集「兎園小説」や「海の塵」にも取り上げられ、当時を騒がした奇怪な事件です。

「うつろ船」の内容
 享和3年(1803年)の春のこと常陸の国(茨城県)の小笠原越中守の領地「はらやどりの浜(原舎浜 はらとのはま)」で見たことも無いような船に乗った女性が流れ着いた。
 その船は球形でまるで土星型UFOのような形であり、船の上部にはガラス窓が張られ松脂が塗ってあった。また底部には鉄板が重ねて張られていて、上部から下を見下ろす事ができた。
 船内の女性は髪の長いロシア人に似た服装をした美しい女性だった。言葉は通じなかったので、どこから来たのか質問できず、2尺程の大きさの箱を大事に抱えていて、誰もちかづけさせなかった。
 古老の話では以前にも異船が漂着した事があり、おそらくこの女性は異国の王の娘で、結婚後、浮気をしたため流されたのであろう、箱の中には愛人の首が入っているに違いないと言った。
 船内には色々な物や、見たことも無い文字が沢山あったが、領主に話すと面倒になるので、女性を船に戻し流したのだった。

 この文章の「うつろ船」は空こそ飛んではいないが、船の形状及び事件の概要は、UFOとの遭遇事件と非常に酷似している。「うつろ舟」とはいったい何だったのであろう…