POPで、おバカな、眉ツバ系(オカルト・UFO・都市伝説・オーパーツ・UMA etc)Tシャツ店『Area501(エリア501)』

謎の吸血動物『チュパカブラ』



 チュパカブラとはプエルトリコを主として南米各地で目撃されている吸血動物である。ヤギをはじめとする家畜や人間を襲い、その血液を吸うと言われ、現地では怪事件として度々新聞に取り上げられている。

チュパカブラの語源
チュパカブラの語源はスペイン語のチュパ「吸う」カブラ「ヤギ」を合わした「ヤギの血を吸う者」と言うのが由来である。また英語の直訳で「ゴートサッカー」とも呼ばている。

チュパカブラの特徴
 体長は90cmから1.8mで、頭部は楕円形で、顔には印象的な大きな赤い目と強靭な牙があり。全身が毛に覆われていて、背中にトゲ状のものがある。またチュパカブラは直立する事が可能で、一説には6mものジャンプを行なったり、高速で移動することが可能であると言われている。

チュパカブラの正体は?
・ジャージーでビル・モスマンなどの類似の未確認生物
・グレイタイプの宇宙人説
・コヨーテ、狼など見間違え説
・カルト教団による儀式説
・施設から逃げ出した実験動物説